相談する手持ち費用がない

「借金問題は弁護士のようなプロに依頼すればスムーズに解決できるのはわかっている。でも弁護士に頼むようなお金はない」という人は少なくありません。

 

いえ、借金問題で悩む人のほぼすべてがそうでしょう。

 

 

しかし、あまり心配する必要はありません。弁護士はそういう人たちを相手にお仕事をしているのですから、きちんと対応ができるような仕組みを整えているのです。

 

弁護士等に任せようと決めたら、その時点から借金の返済を止めてしまって構いません。金融業者からの電話が来た場合は「弁護士に任せます」と答えましょう。

 

通常はこれだけで督促の電話は来なくなります。執拗な業者の場合でも、正式に弁護士等と契約して「受任通知」という書類を発送してもらえば、債務者当人への催促ができなくなります。

 

このようにして、金融業者への支払いを止めれば、多少の余裕ができて弁護士等に対する着手金を支払えるようになるでしょう。

 

簡単に言えば、これまで金融業者に返済していた額の一部分を、問題を解決してくれる弁護士さんたちへの支払いにあてる、ということになります。

 

問題が解決するまで最終的にいくらのお金がかかるかは債権者の人数や額などによって変わってきますが、原則的には依頼前の借金の総額より高くなるということはありません。


このページの先頭へ戻る