自己破産と結婚・離婚

自己破産をしたら、抱えている負債は全て無くなって支払いの義務も無くなりますが、その代わり、ローンが組めなくなるなど様々な制限があります。

 

しかし、その制限について誤解していたり、大げさに捉えたりする人がいるようですね。

 

まず、自己破産をすると結婚できなくなるということは、まったくありません。

 

婚姻に対して法的に制限がかかるということはないのです。

 

 

自己破産をすると戸籍に載ってしまうのでは?ということも無いので、結婚相手に自己破産したことがばれることもありません。

 

ただし、もし自己破産したことを相手に伝えたときに、どのような印象を持たれるかということは別です。

 

自己破産はどうしてもマイナスなイメージがあるので、それによって金銭面でルーズな人間と捉えられ、結婚が破談になる可能性はあります。

 

また、夫婦のどちらかが自己破産した場合、必ずしも離婚しなければならないということはありません。

 

夫が自己破産したからといって、妻が代わりに債務を支払わなければいけないということもないのです。

 

結婚しているからとはいえ、夫と妻の財産は全く別なので、死亡して相続でもしない限り、配偶者の債務を背負う責任はありません。

 

ただし、妻が債務の連帯保証人になっている場合は、夫が支払い不能になったとき妻に支払い義務が生じます。

 

また、離婚のときの慰謝料は債務と捉えられるので、もし破産手続きの前に離婚してしまうと、慰謝料を請求できなくなってしまいます。


このページの先頭へ戻る