自己破産する時に必要な書類

自己破産の手続きをするためには、さまざまな書類を揃えなければなりません。

 

もし裁判所に提出する書類に不備があれば、手続きが受理されないので、それだけ長引いてしまいます。

 

まず、裁判所に必ず出さないといけない書類には、破産申立書、免責申立書、陳述書、債権者一覧表、資産目録、過去2か月の家計簿があります。

 

 

 

それに添えて出さないといけないのが、戸籍謄本、住民票、給与明細、源泉徴収票、納税証明書、預金通帳の写しなどです。

 

さらに不動産を所持しているなら登記簿謄本が必要になりますし、それぞれの状況によって必要な添付書類は異なってきます。

 

弁護士や司法書士に依頼する場合は、必要書類の作成はすべてしてくれますし、自分で用意しなくてはいけない書類についても、指示・チェックしてくれますので、書類の不備で受理されないということもないでしょう。

 

もし自分で自己破産の申し立てをするなら、まずは管轄の地方裁判所に出向き、所定の書類の雛形を入手しましょう。

 

揃えないといけない書類は、裁判所でも確認ができます。

 

書類の中でも、一番作成が難しいと思われるのが、陳述書です。

 

陳述書では、なぜ自己破産に至ったのかということを説明しなければなりません。

 

借金の理由や現在の返済状況、生活状況など以外にも、反省文なども書かなくてはいけません。

 

今まで作文を書くのが苦手だった人は、陳述書作成に頭を抱える人も多いでしょうが、実際の陳述書の作成例などを参考にして作成すると良いでしょう。


このページの先頭へ戻る