どうしても自己破産をしたくない人

自己破産のデメリットは、財産を処分しなくてはいけない、一定期間資格制限があるということです。

 

これらの理由で、どうしても自己破産だけは避けたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、払える見通しの無い借金をそのままにしていても、何の意味もありません。

 

他の方法で借金を整理できないのか、考えてみましょう。

 

 

自己破産以外の債務整理には、主に任意整理、特定調停、個人民事再生などがあります。

 

任意整理とは、裁判では無く、債権者と直接交渉をして、利息や毎月の支払額の減額をして、債務を減らしていく方法です。

 

全ての借金を整理する必要も無く、一部分だけ整理をすることもできます。

 

しかし、任意整理をしても利息カットに留まり、借金が全て無くなるわけではなく、残った借金は3年から5年以内で支払いを終えなくてはいけません。

 

特定調停も同じ様に利息カットや利息制限法に基づいて引き直し計算を行い、借金を整理する方法なのですが、簡易裁判所を通して手続きをするため、個人でも比較的手続きが行いやすい方法です。

 

個人民事再生の場合は、任意整理よりももっと大幅に借金を減らすことができ、最大5分の1まで減額することが可能です。

 

マイホームを維持しながら整理をすることができますが、住宅ローン以外の債務が5000万円以下である必要があります。

 

自己破産のような免責不許可事由はありませんが、どの債務整理方法も信用情報機関に登録されることになるので、新たなローンが組めなくなるなどのデメリットがあることは理解する必要があります。


このページの先頭へ戻る