こんな人は自己破産できない

自己破産をすれば、借金を返さないでよくなります。

 

しかし、誰もが裁判所に自己破産を申し立てて、その許可が下りるというわけではないのです。

 

自己破産が認められることを、免責の許可が下りるといいます。

 

免責は不許可になる事由があります。

 

免責不許可事由とは、以下の条件に当てはまることです。

 

・借金の理由が浪費・ギャンブルである場合

 

・財産隠し、破壊など、債権者に対し害を与えるようなことをしたとき

 

・すでに支払い不能なのに新たに借金を負ったとき

 

・株、先物取引など、投資によって負った借金のとき

 

ざっと挙げただけでもこれだけの事由がありますが、他にも免責の審理期日に欠席したときなど、様々な事由があります。

 

 

また、過去7年以内に自己破産をしている場合も、免責が認められないときがあります。

 

債務の一部分だけを残しておくということもできず、全ての債務を対象として、自己破産はしなくてはなりません。

 

支払えない借金を故意に作ったり、借金額をごまかしたりする場合はもちろん自己破産が認められないのですが、免責不許可事由に当てはまった場合、八方ふさがりということになってしまうのでしょうか?

 

実は、自己破産以外にも、借金を整理する方法はあります。

 

任意整理や特定調停など様々な方法があり、一部の借金だけを残して整理したり、家を処分しなくて済んだりします。

 

借金の理由も問われないので、避けられない免責不許可事由に当てはまる場合は他の方法を考えてみましょう。


このページの先頭へ戻る