自己破産を専門家に依頼するには

 

自己破産をしようと思いますが、裁判所への申立書類を作るのが難しいです。

 

専門家に依頼するにはどうしたらいいでしょうか。

 

A.自己破産の申立は、弁護士に依頼することになります。

 

費用についてですが、弁護士に依頼した場合、当然のことですが、数十万円からの弁護士費用がかかります。

 

この費用は弁護士によって金額が異なるため、依頼をするときに金額をよく確認する必要があります。

 

ネットやさまざまな情報を頼りに弁護士を見つけた場合にも、費用が多額すぎないか、逆に安すぎて仕事をきちんとやってくれないのではないか、などという点を、よく判断することが大切です。

 

どのような弁護士に頼めばいいのかについて

 

どなたか知り合いに信頼できる弁護士がいたり、友人知人から紹介をしてもらえればいいのですが、なかなかそうもいかない場合が多いことでしょう。

 

まず専門家に相談して話を聞いてみたいということであれば、市役所や弁護士会などの無料相談を受けてみるのも良いと思います。

 

また、弁護士の費用について不安があるようでしたら、法テラス(日本司法支援センター)を利用することも1つの方法です。

 

法テラスでは、弁護士費用を支払うことが難しい人のために立替制度なども用意しています。一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

なお、債務整理の場合とは異なり、司法書士は破産申立の代理人になることはできません。

 

破産申立書の書類を作成できるのみですので、注意をする必要があります。


このページの先頭へ戻る