ブラックリストに載ること

自己破産をした後の生活で、最もの影響が出るものとして考えられるのは、クレジットカードやローンが5年から10年の間、組めないことがあります。

 

自己破産すると、個人信用情報機関に自己破産したことが登録されます。

 

各クレジット会社や金融機関は、融資をする場合やカードを作成する際に、個人信用情報機関の情報をもとに、判断しています。

 

ただ、現在、その様な信用機関は、4つあります。

 

CICやCCB、全国銀行個人信用情報センターなどです。

 

金融会社によって、連携している信用機関が違いますので、自分のブラックリストが載せられていない信用機関もあるかもしれません。

 

しかし、自己破産者でも作ることができるカードもあります。

 

銀行が発行しているものですが、普通預金の残高分の範囲だけでの使用しかできないタイプのものです。

 

少し大きな買い物、例えば車を買いたいと思っても、ローンを組むことができませんので、一括で払わないといけないことになります。

 

 

最近は、カード払いが浸透しているので、カードでの支払いができないことは、不便に感じることが多いでしょう。

 

また、カード払いでしか応じない商品や会社のサービスがあります。

 

また、自己破産した時に借金をしていた金融会社からは年数がたっても借りることはできないことが多いです


このページの先頭へ戻る