自己破産とはどのようなもの?

「どうしても借金を返せなくなってしまった・・」

 

そんな人のための救済措置が、自己破産です。

 

自己破産は国が与えてくれるまっとうな制度なので、決して恥じることはありませんし、多くの人が自己破産制度を利用して、人生を再スタートさせています。

 

 

大正11年に破産法が制定され、その後平成17年に新破産法に改正され、現在に至ります。

 

そもそも自己破産とは、申立てをした債務者が経済破たんにより債務を返せなくなったことを、裁判所が認めることです。

 

裁判所が自己破産を認めた人は、借金を返す義務が無くなり、債権者も取立てをすることができなくなります。

 

つまり、借金がチャラになり、返さないでよくなるということです。

 

しかし、借金の支払いがただ大変だということでは、自己破産が認められることはありません。

 

自己破産するためにはまず手続きを踏んで、裁判所に申し立て、「支払い不能」と認められてから、免責許可の決定が確定しなくてはいけません。

 

自己破産は、バブル崩壊後に多額の債務を払い切れなかった人が急増し、そのときに申し立てる人も急激に増えていきました。

 

その後少しずつ落ちついていたのですが、長引く不況のせいで破産する人は後を絶ちません。

 

できれば経験したくないことではありますが、いつ経済が破綻してしまうか、誰もが予測できないことです。

 

もし借金がどうしようもなくなったときには、ひとつの選択肢として、自己破産を頭に入れておいたほうが良いのではないでしょうか?


このページの先頭へ戻る