自己破産を専門弁護士に頼む理由

債務整理で苦しんでいる場合、どうしても自分一人で悩みを抱えるケースが多いようです。

 

確かに、他人には知られたくないことですし、家族や親戚にも相談できずに困り果ててしまう場合もあるようです。

 

 

ただ、冷静な判断ができない状況に陥った場合、さらに事態を悪化させてしまうことも考えなければなりません。

 

債務整理を進める際、どのような手段が適しているのか、また自己破産を選択した場合、どのように手続きをしていくかは正確な判断が求められます。

 

自己破産の手続きを、自分で進めることは可能です。

 

書店の置かれている専門マニュアル書からアドバイスを受けて、書類を揃えることはできるかもしれません。

 

しかし、法的な知識が皆無に等しいならば、その作業は楽なものではないでしょう。

 

さらに注意しなければならないのが、債権者の動きです。

司法書士依頼する選択もある

自己破産に向け、自力で動いていたのが債権者に察知されたとしたら、どうでしょうか。

 

法律の整備が進んできたものの、債権者からしつこく嫌がらせを受ける可能性がないわけではありません。

 

マニュアル書では、ここまで救いの手を伸ばしてくれることはありません。

 

司法書士に依頼する手段も存在します。

 

しかし、借金の金額によっては司法書士が扱えない案件も出てきます。

 

やはり、冷静に状況判断ができ、法律の専門知識を持った弁護士に依頼するのがベストな選択と言えるのではないでしょうか。

 

破産申し立てに関する全てのことを依頼したとしても、弁護士費用は40〜60万円程度で済むはずです。

 

この費用を工面するのが大変だと感じる人もいるようですが、先の見通しがつかない借金返済を続けるよりも将来につながる選択ではないでしょうか。


このページの先頭へ戻る